読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分スタイルを見つけよう

“ゆらぎ世代”まっただ中! イキイキとした毎日を過ごすためのヒントを見つけるため、日々ジタバタしております。

はじめての乳ガン検診

健康

今日「乳ガン検査」なるものを初めて受けたので、その具体的な内容を記録したいと思います。

興味のある方は続きを読んでください。ただし、クリニックによってその手順や内容は多少異なるかもしれません。

 

大阪市から送られて来た「乳ガン検診無料クーポン」を見ると、いつもお世話になっている婦人科クリニックと同ビルの「乳腺クリニック」で受信できることを発見!

以前からちょっと気になる存在だったので、これはチャンスと申込んだのが約1か月前。

ちょっとドキドキしながら行って参りました。

 

予約時間(10時)の約5分前に到着。

中は女性だらけ(当たり前)で結構込んでいます。

すぐに問診票に記入して待つ事10分弱、着替えの部屋に通されました。

上半身裸の上に検査着(左右を紐で結ぶ例のアレです)を着ます。

腕時計はつけたままでOKとの事。ネックレスも短いものなら大丈夫です。

待ち時間を使って、日常自分でできる胸のチェック方法を教えてもらいます。

 

受付にもどってしばらく待っていると、いよいよ触診。

検査着のヒモを外して、ベッドに仰向けに寝ます。

先生(男性)に触診は1分くらいでしたが、なるほど〜でした。

これくらいのゆるい感じで触って確かめるのですね。

自分でチェックする時も、力をいれずにソフトに確認するよう言われましたが、具体的にはこんな感じで良いんだ〜。フム

 

その後再び受付に戻り、5分程でマンモグラフィーへ。

女性の技師の方でしたが、わかりやすくテキパキとした対応が素晴しい。

「結構痛い」と聞いていたマンモグラフィーでしたが、そう痛くもなくすぐ終わりました。

私が貧乳だからなのか? それも確かに関係してそうです(笑)

待ち時間に耳に入って来た他の患者さんの会話「ここは、本当に楽よね。他の病院とは違う」

そういった意味の会話が別の方からも聞こえてきたので、おそらく手際の良さ他の理由でここは楽なんでしょうね。

 

年末年始をはさむせいか、結果は1か月後ということでした。

クリニックを出たのは10時40分位で、そう時間もかからないし。

いや〜、思ってたよりかなり楽チン。これなら気軽に受けられるといった印象です。

ただし、病院はよく選んだ方が良いかも。乳腺クリニックを狙っていくのも一つの手かもしれません。