読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分スタイルを見つけよう

“ゆらぎ世代”まっただ中! イキイキとした毎日を過ごすためのヒントを見つけるため、日々ジタバタしております。

お気に入りの一枚を持つ

ファッション

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
2月もあと10日で終わり。
すでに1年の6分の1が過ぎ去ろうとしていると思うと、なんだかアセリます。

北国の皆さんはまだまだ雪で大変なようですが、大阪ではすでに花粉が飛び始めていて、私も1週間前からくしゃみの連続!
毎年このくしゃみで、春が来るな〜と感じるのです。

春の訪れを感じると、なぜか明るい色のモノを身につけたくなったりしますね。
明るい色のストールなどと組み合わせて着るのに、この時期トレンチコートが便利です。
春物のコートではちょっと寒いけれど、ライナー付きのコートなら充分暖かいから。

私のお気に入りは、15年位前に高島屋のバーバリーで購入したカーキ色のトレンチコートです。
このコートは、気負わないでラフに着られるのにさりげなくカッコイイ(そう思ってるのは私だけかも?)のが良いのです。
スロートラッチと呼ばれる衿裏のベルトをはじめ、ディテールもしっかりしているから、高級感があるのかもしれません。

こんな風に「これを着ればある程度決まる」と安心できるアイテムを1点持つのは、だし経済的だと思います。
トレンチコートは丈夫なので、値段が高いモノでも気にせずガンガン着るべきだし、コーディネートが楽なので自然と着る機会が多くなります。
私のコートも秋〜冬〜春と3シーズン着倒しているんで、結構くたびれてきているかも。
できればあと20年位は着たい〜なんて貧乏くさい事を考えてるんで、シーズン毎にお手入れだけはかかさず、大切にしたいと思います。

ちなみに、私のコートは本場・英バーバリーの製品ではなく、三陽商会※さんの「バーバリー」ライセンス商品です。
当時で8〜10万円位だったと思います。インポートものに比べるとかなり安い。
普段からできるだけ日本製を買いたいと思っている人は、デザインや素材、色などバッチリ気に入った商品があれば「ライセンスもの」も良いのでは?
古着に抵抗のない方であれが、バーバリーが好きでたくさん扱っている古着屋さんをマメにのぞくと、掘り出し物に出逢うかもしれませんね。

昔、神戸元町にあった「バロン ホリカワ」という古着屋さん、バーバリーも少し置いていて他の古着も可愛かった。
栄町通り沿いのビルの2階にあったと思うのですが、いつの間にかなくなってて残念です。
今はどこかで営業されているんでしょうかね〜? どなたかご存知でしたら教えて欲しいと思います。

※三陽商会は、英ブランド「バーバリー」のライセンス契約を2015年春夏物で終了するということです。
これによって、今後「バーバリー」というブランドのトレンチコートは、そのお値段がかなり上がるかも?でしょうか←あくまでも私の推測です

お値段のはるものですから、慎重に買いたいところではあります。

[バーバリー] BURBERRY レディース コットントレンチコート ストーン BUCKINGHAM 3886097 DK 25010 STONE サイズ12 [並行輸入品]