読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分スタイルを見つけよう

“ゆらぎ世代”まっただ中! イキイキとした毎日を過ごすためのヒントを見つけるため、日々ジタバタしております。

海外旅行初心者が、旅のお供に必要だと思ったモノ

旅支度

海外旅行に持って行く物、今はWeb上で様々なそのリストを見る事ができるので、一覧を書き出すのは止めておきます。

ここでは、財布やパスポート・旅行保険のコピーなどといった最重要な物以外で、やっぱりないとダメでしょと思った物だけ、備忘録をかねてメモっておきたいと思います。

★軽量な折りたたみ傘
当たり前の物ですが、天気が不安定だったり変わりやすい国では常に持ち歩きたい。
私の場合は、ストレス軽減の為に軽さ(100g前後を目安に)を最重視し、次に価格の安さを優先してこれを購入しました。


waterfront 極軽カーボン三つ折 超軽量98gの折りたたみ傘

UV加工されているので、日傘としても使えます。

もちろん、人により何を重視するかは変わってくると思います。
もっと小さいモノもありますし、強風にも耐えるモノなども。
頑丈さ、広げた時の大きさ、自動開閉できるなど、目的により色々選択肢がありますね。

★SIMフリーの端末、充電器、ケーブル、変換プラグなど
これは、過去記事でもあげているので割愛します。

★歯ブラシ・フロス
日本のホテルだと当たり前にあるのに、欧州のホテルでは置いてないのが歯ブラシ。

★綿棒、コットン(アイメイク用)、ティッシュなど
メイク落としやメイクアップにはもちろん、耳掃除や何かと使える綿棒は、女子でなくても必須です。
また、ティッシュは置いてないホテルもあるし、あっても肌触りの良いモノは皆無です。

★使い捨てカイロ
意外に寒かったので、あって助かりました。

★室内履き
ホテルに入ったら、すぐにコレに履き替えてリラックス!

(ビタミン剤、整腸剤、痛み止め、生理用ナプキンなど)
実際には使わくても(それにこした事はないし)、保険みたいな物。
少量を持ってるだけで安心します。
疲れを感じたとき、朝にビタミン剤を飲むと元気が出る気がするし。

(衣類圧縮袋)
お土産などでついつい荷物が増えるので、着たおした(笑)服は現地に捨てて帰りますが、未練がある服は圧縮して持って帰ります。

番外編:水対策としてのシャンプー・石鹸
イギリスの水は硬水なので石鹸が泡立ちにくく、かつ石鹸カスが肌に残りやすい。
普段から石けん派なので、今回の旅行ですっかり肌が荒れてしまいました。
マジックソープは使った事がないのですが、硬水でも泡立ちが良いと耳にした事があります。

髪についても、ケミカルなシャンプーなどを使ってる方は問題ないのかもしれませんが、ナチュラル派の方は日本で使ってる物そのままだと、もしかしてギシギシになってしまうかも。
現地で良さそうな物が購入できるのであれば、それもアリかなと思います。

上記以外にも就寝中に使うマスクとか、あると良いものは色々ありますが、一つの目安として「日本の方が安くて良い品が売っている」という点が、持って行く or 現地で調達するかの違いになると思います。

って、十何年かぶりにたかだか2週間の旅行に行っただけで、何を偉そうに言ってる?と自分でも思いますが(笑)
お許しくださいませ。