読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分スタイルを見つけよう

“ゆらぎ世代”まっただ中! イキイキとした毎日を過ごすためのヒントを見つけるため、日々ジタバタしております。

ボサノヴァが聴きたくて ♪

NHKBSプレミアムのドキュメンタリーや趣味のTV番組が好きです。
ネコ歩き」はもちろん、「美の壷」とか「新日本風土記」、最近では「世界で一番美しい瞬間(とき)」や「世界入りにくい居酒屋」など。

また、10分位のミニ番組も良いですね〜。
例えば「イギリスの小さな旅 〜イーストアングリア紀行〜」「旅のアルバム 世界の工芸品」「ジュエリーの神秘」などなど。
そんな中、少し前になりますが「This is HV」という番組のサブタイトルが「ボサノバが聴きたくて」だったので見てみました。

番組では、ポルトガルが発祥と言われる「ショーロ」やカーニバルで御馴染みの「サンバ」とは異なる、新しいブラジル音楽を1950年代に追求していた若者達、中でもアントニオ・カルロス・ジョビンとジョアン・ジルベルトを紹介していました。
ジョビン作曲、ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)がボサノヴァ誕生の曲だと紹介。

https://youtu.be/yUuJrpP0Mak


その後、ボサノヴァが広く世界に知られるきっかけとなる曲

https://youtu.be/j8VPmtyLqSY


アメリカで「ボサノヴァ」を浸透させたというこのアルバム、本当に心地よい〜♪

ゲッツ/ジルベルト

ゲッツ/ジルベルト

  • アーティスト: スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト,スタン・ゲッツ,ジョアン・ジルベルト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

ここ何か月かで何度聴いたかわからない位 ↑ 繰り返し聴いています。

もう10年以上前になりますが、小野リサさんと縁のある方のおかげで2度程ライブに招待していただいた事があります。
その時も興味を持ったものの、何から聴いたらよいのか迷っているうちに月日は経ち。。。。

今回このTV番組がきっかけで聴き始めてみて、良かった!
やっぱり、気軽に聴いてみる事ができる音楽ストリーミングサービスの存在が大きいですね。
後悔する事なく、とりあえず様々な音楽を聴くことにチャレンジできるのですから。

映画「グロリアの青春」で使われていた、ジョビンの「三月の水」はやっぱり良いな〜

https://youtu.be/QF_Ekf6nHj8

 

初心者の私が、ヘビロテしてるアルバムはこれ ↓

THE ASTRUD GILBERTO ALBUM

THE ASTRUD GILBERTO ALBUM

 

気持ちが明るくなる ♪

 

そして、小野リサさんの声はどこまでも心地良い。

ボッサ・カリオカ

ボッサ・カリオカ

 

ただ、初期のボサノヴァに比べると良い意味での素朴さは感じれません。
このアルバム3曲目「想いあふれて」と、ジルベルトのオリジナル ↑ を聴き比べても面白いですね。

 

ジョビン生誕80周年を記念し、彼の代表曲をスタジオ録音したアルバム

The Music Of Antonio Carlos Jobim -

The Music Of Antonio Carlos Jobim - "Ipanema"

 

まったりする〜

こういう音楽を聴くと、攻撃的な人も戦闘モードではいられなくなる気がします。
ボサノヴァ人口が増えると、世界平和が実現するかも?とか思ったり(笑)

 

それにしても、ストリーミングサービスのおかげで選択肢が広がりすぎて、音楽を聴く時間も足りんじゃないか(ブツブツ。。。)