読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分スタイルを見つけよう

“ゆらぎ世代”まっただ中! イキイキとした毎日を過ごすためのヒントを見つけるため、日々ジタバタしております。

リバティロンドン×ユニクロが安すぎて、戸惑う

暑い!!!!
今年の夏はかなり厳しい暑さになると聞いてはいましたが、もうすでにグッタリしています

こんな時は涼しいファッションに限ります
今夏のヘビーローテーションは、フェリシモで購入した綿麻のワンピース

f:id:YURURI:20160707170431j:plain

ふわっとゆとりのあるデザインとライトデニムの軽やかさで、涼しくて着心地がいいんです

Tシャツなどのカットソーよりも布帛の方が、汗をかいても肌に貼り付かない感じがして好きです
夏は、薄手でサラッとしたリネンガーゼや楊柳クレープなど、涼しい織りの生地のブラウスが欠かせません
こういったトップスは、毎日汗をかき洗濯機でガンガン洗うので、どうしても消耗してしまいますよね
なので、お値段の安くて気に入った物があれば迷わず買っています

先日購入したのは、ユニクロと英国リバティ社のコラボ企画の新作、綿ローンブラウス

f:id:YURURI:20160707155629j:plain

なんと1500円(税抜)です
セールでもなく、定価でこの価格です
安過ぎてなんだか怖い(笑)

このコラボ企画、春から色々な物が展開されてますが個人的にピン!とくるものがなくてガッカリしていたところ、最後に良い商品が出てきた!
プリント物はネットで見た時と実際のギャップが大きいので、販売日に店舗でサイズと共に確認してから購入しました
サイズがきちんと合っていることも、涼しさには欠かせないのです

それにしても、普通リバティプリントを使った商品は結構いいお値段ですから、このブラウスの価格は不思議に感じます
縫製は確かに荒かったし、大量に生産するとこういう事になるのかな〜
正直安いのは助かりますが、少し複雑な気分です

先日「経済産業省はアパレル業界における不合理な商慣習を批判し、経営の改善を促す」というニュースを目にしたところですが、確かに供給過剰だし安売り合戦という雰囲気はあまり良い方向ではないかもしれません

必要な物だけを厳選して買う、そんな生活を心がけなくては!と思います